材料事業

現代社会をあらゆる面で支えている金属材料技術。最先端の電子機器に使われる部品や低炭素社会実現のカギとなる二次電池など、世の中で使われるさまざまな製品に、当社が作り出す高度な機能性・半導体材料が活用されています。金属に新しい価値を与え、暮らしの進化を支えていく。それが住友金属鉱山の材料事業です。

SMMの材料事業が持つ強み

コア技術を活かした製品展開

当社のコア技術を活かした収益力のある製品ポートフォリオを構築しており、需要が高まる環境・エネルギー関連、情報通信分野の製品に注力しています。

材料事業の製品は、資源・製錬事業の製品に比べて多種多様であり、製品ライフサイクルも短いため、事業の選択と集中を常に実践することが要求されます。そのため、SMMグループでは個別の製品ごとの戦略を策定するのではなく、個々の製品ごとに材料事業全体における戦略上の位置づけを考慮して、事業ドメイン単位での意思決定を行ないます。このような意思決定の仕組みが、市場動向に応じた的確な事業内容・規模の選択・決定を可能にし、材料事業全体の成長を実現しています。

市場をリードする顧客との関係

顧客からもたらされる情報を製品の品質改善に反映し、より優れた製品づくりにつなげています。

研究開発段階から顧客の研究開発チームと協働して製品開発を行ない、顧客ニーズに対応した製品を供給するため、高い信頼性のある製品の提供が可能となります。

また、製錬事業との連携により、顧客ニーズに適う製品の安定供給を確保でき、この点においても他社との差別化を図っています。

地域社会との共存

地域社会と共存するというSMMの経営理念のもと、地域の雇用を維持してきました。材料事業の収益力確保とのバランスにより、各拠点内でも成長する製品へのシフトや新規事業等の導入などにより事業のリストラクチャリングを推進し、雇用の維持に努めています。

PAGE TOP
PAGE TOP