拠点紹介
播磨事業所

播磨事業所では、硫酸ニッケルを生産しています。硫酸ニッケルは、主にニッケルめっき用途の他、ハイブリッド自動車や電気自動車の二次電池向け材料の原料として使われます。播磨事業所は1966年に操業を開始して以来、SMMの主要製錬所として、亜鉛、鉛、インジウムなどの金属を生産してきましたが、現在は硫酸ニッケルの工場として稼働しています。

原料

当社子会社であるフィリピンのコーラルベイ・ニッケル社およびタガニートHPALニッケル社においてHPAL(High Pressure Acid Leach:高圧硫酸浸出)法で作ったニッケル品位約60%のニッケル・コバルト混合硫化物(MS)を原料としています。

MS(ミックスドサルファイド)

硫酸ニッケルの製造工程

  • 加圧抽出

    ニッケル・コバルト混合硫化物(MS)を高温高圧下の空気酸化反応により直接加圧抽出し、硫酸ニッケル・コバルト混合溶液にします。

  • COB溶媒抽出設備

    有機溶媒を使ってニッケルとコバルト、またその他の不純物を分離し、純粋な硫酸ニッケル溶液を製造します。

製品

  • 硫酸ニッケル

    ニッケルめっき用途のほか、アルミ発色、触媒、電池材料用途等幅広く利用されています。

PAGE TOP
PAGE TOP