拠点紹介
ニッケル工場

ニッケル工場は、電気ニッケルと電気コバルトを生産する国内唯一の工場です。1939年に電気ニッケル生産をスタートしたニッケル工場は、その後2度の大きな生産プロセスの変更を経て、現在はMCLE(Matte Chlorine Leach Electrowinning:マット塩素浸出電解採取)法により電気ニッケルを生産しています。このMCLE法は、わが国の優れた工業生産技術として高い評価を受けており、世界的に見ても効率的な工場となっています。

電気ニッケル・コバルトの用途

電気ニッケルは電子材料や特殊鋼などに、コバルトは主に磁性材料や超硬工具などに使用されます。

  • 特殊鋼 : 新日鉄住金(株)製 シームレス鋼管

  • 電子・電池材料

原料

工程投入されるニッケルマット

インドネシアの出資鉱山・製錬所から調達したニッケル品位約75%のニッケルマットに加え、当社子会社であるフィリピンのコーラルベイ・ニッケル社およびタガニートHPALニッケル社においてHPAL(High Pressure Acid Leach:高圧硫酸浸出)法で作ったニッケル品位約60%のニッケル・コバルト混合硫化物(MS)を原料としています。

電気ニッケル・コバルトの製造工程

  • 粉砕

    ニッケルマットは細かく粉砕して反応しやすい性状にします。

  • 塩素浸出

    粉砕したニッケルマットとニッケル・コバルト混合硫化物(MS)を電解工程で発生した塩素と反応させ、塩化物溶液にします。

  • 浄液

    塩化物溶液から、コバルトや不純物を取り除き、純粋な塩化ニッケル溶液にして電解工程に送ります。

  • 電解

    浄液工程で精製された塩化ニッケル溶液を電解採取法により陰極側に電気ニッケルを電着させます。不溶性陽極側で発生した塩素は浸出工程に繰り返され、再びニッケルマット、MSとの反応に使用されます。

  • 塩素回収

    電解工程で発生した塩素を捕集・昇圧して塩素浸出工程へリサイクルします。

  • 切断

    製造した電気ニッケル板をお客様の要望に合わせ、様々な大きさに切断し梱包します。

製品

  • 電気ニッケル

    電気ニッケルは特殊鋼や電池材料などに使用されます。

  • 電気コバルト

    電気コバルトは磁性材料や超硬工具などに使用されます。

主なニッケル化成品の製造プロセス

1999年に製造方法を全面的に転換し、溶媒抽出による高純度なニッケル化成品を生産しています。

  • 加圧抽出

    ニッケルマットを高温高圧下の空気酸化反応により直接加圧抽出し、硫酸ニッケル・コバルト混合溶液にします。

  • COB溶媒抽出設備

    有機溶媒を使ってニッケルとコバルト、またその他の不純物を分離し、純粋な硫酸ニッケル溶液を製造します。

製品

ニッケル化成品

ニッケル系二次電池の材料や電子部品用途のほか、ニッケルめっき用として使用されます。

  • 硫酸ニッケル

    ニッケルめっき用途のほか、アルミ発色、触媒、電池材料用途等幅広く利用されています。

  • 塩化ニッケル

    主にニッケルめっき用に使用されています。

PAGE TOP
PAGE TOP