沿革

住友金属鉱山のあゆみを掲載しています。

歴史に学び、精神に活きる 〜住友金属鉱山の歴史〜

〜1944

1590(天正18年) 蘇我理右衛門、京都において銅製錬・銅細工を開業
その後、銀・銅を吹き分ける“南蛮吹き”の技術を完成、また鉱山の開発も手がける
1691(元禄4年) 別子銅山の稼行開始
1905(明治38年) 四阪島に銅製錬所を新設
1927(昭和2年) 7月 住友合資、別子鉱業所の経営を分離して、住友別子鉱山(株)を設立
1937(昭和12年) 6月 住友別子鉱山(株)と住友炭礦(株)を合併して、住友鉱業(株)を設立
1939(昭和14年) 10月 四阪島製錬所中和工場が完成し、同年末50年来の煙害問題完全解決(新居浜煙害問題発生1893年9月)
1939(昭和14年) 11月 電気ニッケル生産開始

1945〜

1946(昭和21年) 1月 社名を井華鉱業(株)に改称
1947(昭和22年) 7月 本社東京移転開始(1948年春完了)
1950(昭和25年) 3月 井華鉱業(株)の金属部門をもって、別子鉱業(株)設立
1952(昭和27年) 6月 社名を住友金属鉱山(株)に改称、同時にヰゲタマークの使用を復活
1954(昭和29年) 11月 太平金属工業(株)の経営に参加、ニッケル加工事業へ進出
1956(昭和31年) 3月 (株)日向製錬所を設立し、フェロニッケルの生産開始
1957(昭和32年) 3月 浅川工業(株)(1962年住鉱潤滑剤(株)に社名改称)を設立し、二硫化モリブデンを原料とする潤滑剤の生産開始
1960(昭和35年) 4月 東京電子金属(株)設立
二酸化ゲルマニウムの製造を開始、電子材料事業へ進出
1963(昭和38年) 4月 シポレックス製造(株)を設立し、ALC(軽量気泡コンクリート)の製造開始
1963(昭和38年) 8月 住鉱コンサルタント(株)(現 住鉱資源開発(株))を設立し、国内外における地質・鉱床調査等のコンサルティング事業へ進出
1964(昭和39年) 7月 住鉱アイ・エス・ピー(株)設立
1965(昭和40年) 8月 中央研究所(現 市川研究所)完成
1966(昭和41年) 4月 東京電子金属(株)を吸収合併し、電子金属事業部(現 材料事業本部)を設置
住鉱アイ・エス・ピー(株)播磨製錬所が完成し、鉛・亜鉛の生産開始
1967(昭和42年) 9月 電子金属事業部青梅工場(現 材料事業本部青梅事業所)完成
1969(昭和44年) 3月 当社の電気銅、ロンドン金属取引所(LME)に登録

1970〜

1970(昭和45年) 4月 日本ケッチェン(株)を設立し、脱硫触媒分野へ進出
1971(昭和46年) 2月 東予製錬所完成
1973(昭和48年) 3月 別子銅山閉山
1973(昭和48年) 5月 鴻之舞鉱山閉山
1974(昭和49年) 6月 国富事業所電子工場(現 住鉱国富電子(株))完成、ゲルマニウムの製造開始
1977(昭和52年) 1月 Sumitomo Metal Mining Singapore Pte.Ltd.設立
シンガポールでリードフレーム生産を開始
1977(昭和52年) 2月 新居浜研究所設置
1979(昭和54年) 6月 佐々連鉱山閉山
1980(昭和55年) 10月 住鉱アイ・エス・ピー(株)を吸収合併し、播磨事業所とする
1981(昭和56年) 9月 鹿児島の菱刈鉱区で有望な高品位金鉱脈発見(金属鉱業事業団)
1981(昭和56年) 10月 大口電子(株)設立
1982(昭和57年) 4月 新本社ビル(新橋住友ビル)竣工
菱刈鉱山の探鉱結果発表(金量で120トンを推定)
1983(昭和58年) 4月 菱刈鉱山開坑
1985(昭和60年) 7月 菱刈鉱山着脈、出鉱開始
1986(昭和61年) 2月 米国フェルプス・ドッジ社(現 フリーポート・マクモラン社)モレンシ銅山(アリゾナ州)へ投資(住友商事(株)と共同)
1988(昭和63年) 5月 P.T.インターナショナルニッケルインドネシア社(現 PTヴァーレインドネシア社, インドネシア)へ資本参加
1988(昭和63年) 10月 新居浜電子(株)設立
1989(平成元年) 4月 M-SMM Electronics SDN. BHD.設立
マレーシアでリードフレーム生産を開始
1989(平成元年) 10月 シポレックス製造(株)を吸収合併
1990(平成2年) 4月 伸銅3社を統合し、住友金属鉱山伸銅(株)設立
1990(平成2年) 7月 バランド社(現 フィゲスバル社, ニューカレドニア)へ資本参加
1990(平成2年) 11月 別子開坑300年記念式典
1992(平成4年) 1月 米国フェルプス・ドッジ社が所有するカンデラリア銅鉱床(チリ)の開発プロジェクトに資本参加
1993(平成5年) 4月 ニッケル工場、MCLE法(マット塩素浸出電解採取法)へ全面転換
1993(平成5年) 6月 ノースパークス金・銅鉱山開発プロジェクト(オーストラリア)へ参加
1994(平成6年) 11月 Sumiko Electronics Taiwan Co.,Ltd.設立
台湾でリードフレーム生産を開始
1995(平成7年) 9月 金隆銅業有限公司(中国)へ資本参加
1995(平成7年) 10月 Shanghai Sumiko Electronic Paste Co., Ltd.(SEP)設立
中国でペースト生産を開始
1996(平成8年) 1月 Sumiko Leadframe(Thailand)Co.,Ltd.設立
タイでリードフレーム生産を開始
1997(平成9年) 6月 菱刈鉱山累積産金量(83トン)日本一に
1998(平成10年) 1月 バツ・ヒジャウ銅金鉱山開発プロジェクト(インドネシア)へ資本参加
1998(平成10年) 5月 テック社(現 テック・リソーシズ社、カナダ)の株式取得
1998(平成10年) 10月 ストーンボーイ・リサ金鉱床の埋蔵金量162トンを確認
1998(平成10年) 11月 Sumiko Leadframe Chengdu Co.,Ltd.設立
中国でリードフレーム事業へ進出
1999(平成11年) 9月 (株)ジェー・シー・オー東海事業所において臨界事故発生
1999(平成11年) 9月 建材事業部門を分離独立させ、住友金属鉱山シポレックス(株)設立

2000〜

2001(平成13年) 7月 リオツバ鉱山(フィリピン)の低品位酸化ニッケル鉱開発プロジェクト(コーラルベイ・ニッケル・プロジェクト)開始
2002(平成14年) 7月 三井金属鉱業株式会社と亜鉛製錬事業について業務提携し、合弁会社エム・エスジンク(株)を設立
2003(平成15年) 2月 同和鉱業株式会社(現 DOWAホールディングス株式会社)と硫酸事業について業務提携し、合弁会社(株)アシッズを設立
2003(平成15年) 3月 Sumiko Electronics Suzhou Co.,Ltd.設立
中国でのリードフレーム第2拠点
2004(平成16年) 10月 セロ・ベルデ銅鉱山開発プロジェクト(ペルー)への資本参加について基本合意
ゴロ・ニッケルプロジェクト(ニューカレドニア)への資本参加について基本合意
2005(平成17年) 4月 三菱ガス化学株式会社と希土類鉄ガーネット(RIG)の合弁会社(株)グラノプトを設立
コーラル・ベイ・ニッケル・プロジェクト(フィリピン)の商業生産開始
2005(平成17年) 12月 オホス・デル・サラド銅資源プロジェクト(チリ)へ資本参加
2006(平成18年) 2月 ポゴ金鉱山(米国アラスカ州)生産開始
2006(平成18年) 11月 セロベルデ銅鉱山(ペルー)の硫化鉱床プロジェクト生産開始
2009(平成21年) 7月 テック・リソーシズ社保有のポゴ金鉱山全権益を当社・住友商事株式会社が取得
2009(平成21年) 8月 ニッケル・アジア・コーポレーション(フィリピン)へ資本参加
2009(平成21年) 9月 タガニート・プロジェクト(フィリピン)の実施を決定
2010(平成22年) 7月 三井金属鉱業株式会社圧延加工事業部と住友金属鉱山伸銅(株)が事業統合し、三井住友金属鉱山伸銅(株)設立
2010(平成22年) 10月 粗酸化亜鉛事業を行う四阪工場を分社化し、(株)四阪製錬所設立
2011(平成23年) 9月 カナダのクアドラFNXマイニング社(現 KGHMインターナショナル社)がチリに保有するシエラゴルダ銅鉱山開発プロジェクトに参加
2012(平成24年) 7月 中国に販売および管理業務を行う住友金属鉱山管理(上海)有限公司を設立
2013(平成25年) 9月 タガニートHPALニッケル社(フィリピン)の商業生産開始
2015(平成27年) 7月 シエラゴルダ銅鉱山(チリ)の生産開始
2016(平成28年) 5月 モレンシー銅鉱山(アメリカ)の権益を追加取得
PAGE TOP
PAGE TOP