未利用資源の活用
全国発明表彰受賞

2018年6月12日の表彰式

当社の「ニッケル酸化鉱石の湿式製錬方法の発明」※1が、公益社団法人 発明協会が主催する「平成30年度全国発明表彰」において「日本経済団体連合会会長賞」※2を受賞しました。また、当社代表取締役社長の中里佳明(当時)が「発明実施功績賞」※3を受賞しました。

発明協会では、発明の奨励・育成を図り、わが国の科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的とする発明表彰制度を設けています。今回の受賞は、HPAL技術による低品位酸化鉱石からニッケルやコバルトを回収する製錬プロセスの商業化を実現した実績が認められたことによるものです。

※1 特許登録第4525428号。
※2 受賞者は当社土田顧問、今村技術本部長ら5名。
※3 受賞する発明などが法人におけるものである場合に当該法人の代表者に贈呈されます。
PAGE TOP
PAGE TOP