コンプライアンス

コンプライアンスの管理と改善への取り組み

コンプライアンスの管理は、主に「コンプライアンス基本規程」に従って実施されています。コンプライアンスの管理の推進・改善を図るため、CSR委員会の下に「コンプライアンス分科会」を設置し、SMMグループに対してコンプライアンス推進に関する情報提供、情報交換、重要な施策の説明などを行なっています。

2017年度も、コンプライアンス分科会を開催して、以下の事項を確認しました。

1. コンプライアンス状況の確認

2017年度のコンプライアンス状況として、環境、製品・サービスに関すること、および独占禁止法も含めて、法令や規則に対する重大な違反はありませんでした。

2. コンプライアンス教育の実施状況の確認

SMMグループのコンプライアンスは単なる法令遵守にとどまらない倫理的判断、行動を求めていること等、コンプライアンスに関する重要事項について、さまざまな研修を通じて従業員に周知、教育がされていることを確認しました。

また、重大な法令違反リスクに対応するため、次のような社内規程を制定し、コンプライアンスの推進を図っています。

コンプライアンスに関連する社内規程

  • インサイダー取引防止および情報管理に関する規程
  • 個人情報の保護に関する規程
  • 輸出管理規程
  • 秘密情報管理規程
  • 贈賄防止規程 等

情報提供制度

「SMMグループ行動基準」に照らし合わせて問題や疑問があり、上司に相談しても適切な対応がとられない場合などは、「SMMグループ相談窓口」(社内窓口:総務法務部長、安全環境部長または監査部長/社外窓口:弁護士)に対して直接、情報提供が行なえるようになっています。情報源は秘密とされ、万が一、情報提供者に対し不利益となる対応が行なわれた場合は、それを行なった者が処分される仕組みとなっています。

2017年度はSMMグループ相談窓口に5件の相談が寄せられました。その内訳は、ハラスメントに関するもの3件、就業管理に関するもの1件、給与・雇用に関するもの1件でした。これらの相談についてはいずれも適切な対応を行ないました。

コンプライアンス研修受講者数(2017年度)

(単位:人)

  • 受講者数には、持分法適用会社に所属する受講者も含んでいます。また、本報告の範囲は日本国内です。
  • 全員、過年度に受講済み。
PAGE TOP
PAGE TOP