IRポリシー

1. 情報開示の方針について

当社は、株主・投資家の皆様をはじめとするステークホルダーに対して、情報を公平・適時・適切に開示し、会社法、金融商品取引法、証券取引所の定める有価証券上場規程を遵守いたします。また、当社の判断により、当社への理解を深めていただくうえで有用と考えられる情報については、有価証券上場規程の定めにより開示が義務付けられていない情報についても積極的に情報開示を行います。
開示すべき情報か否かは、予め指名された情報開示の責任者(広報IR部長)が判断を行います。

2. 選択的開示の禁止について

当社は、未公表の重要情報を株主、機関投資家、証券アナリスト、個人投資家などの取引関係者に対して、一定の守秘義務契約により情報の秘匿性が担保されている場合を除き、選択的開示は行いません。未公表の重要情報が選択的に開示されたと認識した場合は、原則として速やかに当該情報を開示します。

3. 情報開示の方法について

当社は、有価証券上場規程の定めにより開示が義務付けられている情報は、同規程に従い、東京証券取引所の提供するTDnet(適時開示情報伝達システム)およびプレスリリースを通じて公開し、その後速やかに当社ウェブサイトにも同一情報を掲載します。また、開示が義務付けられていない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえて、公平・適時・適切に当該情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮します。

4. 沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、年間および各四半期の決算発表日の前、概ね2週間を「沈黙期間」として設定し、決算に関するコメントや質問への回答を控えています。ただし、「沈黙期間」中でもすでに発表した業績予想と実際の業績の間に大きな差異が生じる見込みが生じた場合には、有価証券上場規程の定めにより速やかに情報開示を行います。

5. 将来の見通しについて

当社ウェブサイトに掲載されている計画、見通し、経営目標等のうち、歴史的事実でないものについては、現時点で入手可能な情報による当社の判断および仮定に基づいています。実際の業績については、様々な要素により、見通し等と大きく異なる可能性があることをご承知おきください。なお、業績に影響を与える要素には、経済情勢、非鉄金属および貴金属価格、機能性材料等の需給動向および市況、為替レート等が含まれますが、これらに限るものではありません。

6. 投資判断について

当社ウェブサイトに掲載している情報は、当社に対するご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願いいたします。

以上

PAGE TOP
PAGE TOP