タガニートHPALニッケル社がフィリピン最大輸出企業(鉱物部門)に選出

2018年12月19日
住友金属鉱山株式会社

住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野崎 明)の子会社であるタガニートHPALニッケル社(以下「THPAL」)は、このたびフィリピン貿易産業省の全国輸出会議において、2017年の鉱物部門の最大輸出企業に選出されました。また、過去3年連続で鉱物部門の最大輸出企業であったことから、栄誉賞も授与されました。

全国輸出会議は、フィリピン輸出産業のレベル向上と発展改革を目的に運営されています。

フィリピン貿易産業省の輸出局は、2017年の輸出実績をもとに本年、THPALを含む23のフィリピン企業を表彰しています。表彰式は、12月7日にフィリピン国際会議センターで開催された全国輸出会議にて執り行われました。

※HPAL:High Pressure Acid Leach 高圧硫酸浸出

181219_J.jpg

PAGE TOP
PAGE TOP