サマーインターンシップ「MIND MINING CAMP」の募集を開始しました

2019年6月11日
住友金属鉱山株式会社

住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野崎 明)は、学生向けにサマーインターンシップ「MIND MINING CAMP」を2019年9月に開催します。あわせて特設ページをオープンし、参加者の募集を開始しました。

これは、2020年9月、2021年3月に卒業・修了見込みの学生向けに実施する、日本一の金産出量を誇る菱刈鉱山(鹿児島県)の坑道見学や、住友グループの礎となった旧別子銅山(愛媛県)の登山を体験型プログラムとして取り入れた独自のインターンシップで、今年が初開催となります。

当社は、これまでもサマーインターンシップを開催してきましたが、今回は事業内容をご紹介するだけではなく、400年以上続く歴史の中で培われ、受け継がれてきた当社の事業精神を学生の皆さんに体感していただきたい、そんな想いからこのプログラムをご用意しました。

コースは、国内で大規模な操業が行われている唯一の金鉱山であり、一般公開されていない菱刈鉱山の坑道内を見学する「菱刈鉱山コース」。そして江戸時代から283年間にもわたって操業され、今も産業遺産が数多く遺る旧別子銅山を登山する「別子登山コース」の2コースです。

過去や今を知る体験を通して、これからのキャリアを考えるヒントを掘り起こしてみませんか。

住友金属鉱山株式会社 インターンシップ情報

PAGE TOP
PAGE TOP