拠点紹介
東予工場

東予工場は、愛媛県西条市と新居浜市に位置しています。臨海型の大型銅製錬所で世界トップクラスの製錬技術、生産管理技術、環境保全技術を確立しています。

原料

南米・オーストラリア・東南アジアなどの鉱山に出資し、銅原料の安定調達をはかっています。採掘された鉱石は鉱山サイドでの選鉱工程で純度を高め「銅精鉱」となって日本に運ばれてきます。銅精鉱には銅以外にも鉄と硫黄分もそれぞれ約3割程度、金や銀などの貴金属も微量ながら含まれており、これらも全て回収しています。また、東予工場は銅製錬に用いる溶剤(ケイ石)として、当社が所有する菱刈鉱山(鹿児島県)から産出される金鉱石を使用しています。

  • 銅精鉱(Candelaria Mine, Chile)

    (含有構成)
    銅:約30%
    鉄:約30%
    硫黄:約30%

  • 金鉱石(菱刈鉱山、鹿児島)

    (含有構成)
    金:40~45g/t

銅製錬工程

  • 精鉱陸揚

    銅製錬の原料である銅精鉱は専用船で運ばれ、専用バースで陸揚げされます。バースは3万トンクラスの船まで着岸が可能です。

  • 精鉱乾燥機

    鉱石には約8%の水分が含まれているため、これを乾燥します。乾燥には重油ドライヤーに加え、工場内で回収した蒸気の熱を用いることにより、省エネルギーを図っています。

  • 自溶炉

    銅精鉱から純度98%程度の粗銅を作るため、まず自溶炉で銅を濃縮します。自溶炉に銅精鉱と金鉱石が投入され、熱風が吹き込まれて酸化・溶融が行われます。銅精鉱中の硫黄分が燃料となって、高温が維持されるため自溶炉と呼ばれます、銅品位が60~65%に濃縮されたものをマット(鈹〔かわ〕)と言い、比重差によりスラグ(鍰〔からみ〕主成分は鉄酸化物、硅酸)とに分離されます。

  • 転炉・精製炉

    自溶炉から出てきた銅品位60~65%のマットは、純度を上げるため転炉に送られます。転炉内での酸素の吹き込みにより、硫黄分はガスとなって除去され、鉄分はケイ素(金鉱石の主成分)に取り込まれスラグとなります。こうして純度98%の粗銅が転炉より取り出され、 精製炉で酸素濃度を調整します。

  • 硫酸設備

    銅精錬時に発生するガス(SO2)は回収され、硫酸設備で硫酸となります。

  • 鋳造機

    精製炉から出てきた銅は、モールド(型枠)で鋳造され、「精製アノード」になります。

  • 精製アノード

    アノードの重量は約400Kgです。

  • 銅電解槽

    精製アノードと種板を交互に電解槽に入れる方法と、ステンレス板を用いるパーマネントカソード法の2種類の電解法により、純度99.99%の電気銅を製造します。アノードに含まれる貴金属やレアメタル類は、電解槽底部に溜まり、アノードスライム(沈殿物)となって、貴金属精製プラントに送られます。

貴金属精製工程

  • 型金鋳造

    金のインゴットを鋳造しています。その後、マーク・ナンバー・純度などが刻印されます。

  • ショット金製造

    大きさ2~3mmの粒状のショット金を製造しています。

銅製品

  • 電気銅

    精製炉から取り出された精製アノードは、電解工程を経て純度99.99%の電気銅となります。

  • スラグ・サンド

    スラグ(鍰〔からみ〕)の溶体を流水に注入してスラグ・サンド(水砕スラグ)が製造されます。環境への配慮から採取禁止が進んでいる海砂の代わりとして、コンクリート細骨材向けに注目を浴びています。

  • 硫酸銅

    銅電解槽の電解液を精製して作られます。プリント基板の銅めっき等に使用されます。

貴金属製品

  • 金インゴット

    さまざまなサイズのインゴットを製造しています。

  • ショット金

    ショット金は溶解しやすいことが特長です。

  • ショット銀

    ショット金同様、溶解しやすいことが特長です。

PAGE TOP
PAGE TOP