住友金属鉱山の歴史
1970年頃〜 菱刈鉱山の操業 世界的な競争力の強化

菱刈鉱山の探鉱と操業

1973年に別子銅山が閉山、その後1979年に佐々連鉱山が閉山したことにより住友金属鉱山の300年におよぶ資源事業は終焉を迎えたかに見えました。しかし1981年に鹿児島県で菱刈鉱山の鉱床を発見し、1985年から出鉱を開始、資源事業の歴史をつなぐことができました。菱刈鉱山は、現在に至るまで豊富な金含有率を誇り、収益の柱となるとともに、鉱山技術を継承する場としても重要な役割を担っています。

海外銅鉱山への投資

モレンシー銅鉱山

非鉄金属価格が低迷する1980年代、日本の産銅業界では海外から資源を購入し、製錬費で利益を上げる形が続いていました。しかしこうした中、住友金属鉱山は1986年にモレンシー銅鉱山(アメリカ合衆国)への投資を決定、資源確保への動きを開始しました。そして非鉄金属市況が上昇を開始した1990年頃、世界的に鉱山の開発や増産が本格化しました。当社は1992年にはカンデラリア銅鉱山(チリ)、翌年にノースパークス銅鉱山(オーストラリア)へそれぞれ資本参加しました。

世界を凌駕する技術革新

コーラルベイニッケル社

2001年、フィリピン・パラワン島でHPAL法を用いたニッケル製錬設備の建設を開始しました。HPAL 法は1950年代にキューバで開発された技術ですが、生産効率をあげることが難しく、商業ベースで実用化した事例はありませんでした。そうしたなかで住友金属鉱山は、長い金属製錬の歴史で培った技術をいかし、2005年の生産開始後は設計能力どおりに操業を行っています。

PAGE TOP
PAGE TOP