研究開発
研究開発体制・拠点紹介

研究開発体制

全社的な研究開発部門である技術本部には、4部、3研究所と1研究センターを配置し、部が研究所と研究センターの活動をサポートすることで、効率的な新製品、新技術の研究開発活動を行っています。

研究開発体制

拠点紹介

新居浜研究所

新居浜研究所

当社技術の基盤である製錬・精製技術をさらに高度化させることにより、非鉄金属が持つ潜在的な可能性をさらに引き出すことに取り組んでいます。具体的には製錬技術をベースとした新たな製錬プロセスや選鉱技術の開発および粉末材料など金属系素材の開発を進めています。また、資源精錬開発センターでは、現在新たなニッケル精錬プロセスのパイロットスケールでの実証試験を進めています。

電池研究所

電池研究所

材料事業の分野において、大きな成長が期待できる二次電池用正極材料事業の拡大を加速するため、主力製品のニッケル系および三元系リチウムイオン電池正極材料の事業化、次世代電池材料についての長期ビジョンに基づく基礎研究や電池評価技術の確立等にも取り組み、電池材料に関する基盤技術の研究開発を進めています。

材料研究所

材料研究所

材料事業本部の製品に関連する結晶材料や基盤技術である有機樹脂の研究開発を進めるため、技術者を集約し、研究開発のスピードを速めるべく取り組んでいます。

市川研究センター

市川研究センター

機能性粉体の基礎研究を中心に、当社の材料開発の種薪き機能を担うべく、市川研究センターの機能を基礎研究に特化しました。

PAGE TOP
PAGE TOP