ブランドストーリー

MINING THE FUTURE

鉱石を持つ手

未来が、素材を必要としている。

持続可能な社会をつくる、その素材を必要としている。
人々の歓びや安心を生み出す、その素材を必要としている。

創業から430年。住友グループの源流事業を受け継ぐ住友金属鉱山は、鉱山開発と運営、金属を生み出す製錬、そして機能性材料をつくり出すところまでを安定的に担う、世界でも類のない企業として、独自の存在価値を発揮。

私たちの素材の供給が途絶えては、社会が止まってしまう。
一方で、鉱山の開発が、地球環境、地域社会のサステナビリティを損なうものであってはならない。
地球市民として広い視野を持ち、次世代への大きな責任を分かち合うパートナーとともに、正しい事業を行う精神が私たちのDNA。

技術を高め、私たちが見出し、取り出すメタルが、夢の材料となって機能し、人間の前進を支える。
今を生きる人のためだけでなく、これから生まれ、次代を生きるいのちのために。
使命は脈々と続く。みんなの未来になる。

当社の長期ビジョンである「世界の非鉄リーダーを目指す」を実現するための意志表明として、ブランドメッセージの設定、そしてその体現のために社名ロゴマークのリニューアルとタグライン・シンボルマークを新たに制定しました。

社名ロゴマーク

1983年に制定された社名ロゴマークの書体をベースに、430年を超える歴史の中で培った信頼感を大切にしながら、今まで以上に多様な方々に親しみをもって受け入れていただけるよう、デザインを見直しました。

タグライン

「MINING THE FUTURE」(マイニング ザ フューチャー)
私たちが掘り起こす資源は、製錬され、材料となって未来を形づくるもの。「MINING THE FUTURE」は、これからも「未来を形づくる素材を提供する」のだという、私たちの提供価値、存在意義、意志の表明として社名ロゴマークやシンボルマークとともにブランドを表す統一した文言として使用します。

シンボルマーク

鉱山とともに事業を行ってきた誇りと、大きな社会課題に挑み、道を開き、乗り越えていこうとする私たちの意志を、「SMM」の形に込めています。また「SMM」は「Smelting&Refining」「Mineral resources」「Materials」という私たちの3事業連携の象徴でもあります。

WORKS

ブランドにまつわる、様々なモノ・コトを紹介します。

メディアライブラリ

写真:メディアライブラリ

創業430年の歴史。長きにわたり受け継いできた住友の事業精神と磨き続けてきた技術で、社会へ貢献する現在。そして、未来。住友金属鉱山について、さまざまな角度からビジュアルでご紹介します。