サステナビリティ

私たち住友金属鉱山グループは、創業から430年の長い歴史の中で
深く根付いた「住友の事業精神」に基づいて、
事業を通じた社会課題の解決に取り組んできました。

経営理念に「地球および社会との共存」と「人間尊重」を、
経営ビジョンに「技術力」と「ものづくり企業としての社会的使命と責任」を掲げ
資源の確保、非鉄金属素材や機能性材料の安定供給を通じて、
企業価値の最大化を目指しています。

これからも常に将来を見据え、脱炭素化社会の実現など社会課題の解決や
デジタルテクノロジーの進化、発展などを背景にした社会のニーズへの対応を通じて
持続可能な社会の形成に向けて全力で取り組んでいきます。

CSR方針

  1. 資源の有効利用およびリサイクルを推進するとともに、技術革新やエネルギー効率の継続的な改善などにより、地球温暖化対策に取り組みます
  2. 国内外において地域に根ざした活動を積極的に推進し、地域社会との共存を図ります
  3. 健全な事業活動を継続するために、人権を尊重するとともに、多様な人材が活躍する企業を目指します
  4. 安全を最優先し、快適な職場環境の確保と労働災害ゼロを達成します
  5. 多様なステークホルダーとのコミュニケーションを強化し、健全な関係を構築します

2030年のありたい姿

私たちは長期ビジョンである「世界の非鉄リーダー」の実現を目指し、
2030年時点のマイルストーンとして「2030年のありたい姿」を策定しました。

マネジメントアプローチ

サステナビリティ に関する各課題に対しての方針・体制・制度・取り組みなどをご紹介します。

取り組み

「2030年のありたい姿」とサステナビリティの実現に向けて、私たちが日々取り組んでいる活動をご紹介します。

年次活動報告

サステナビリティに関する取り組みの年次の進捗・結果・次年度計画などをご報告します。