取り組み

「電池to電池」の資源循環を実現

急速かつ長期的な進展が見込まれている自動車の電動化に伴い、搭載されるリチウムイオン二次電池の正極材に用いられるニッケル、コバルトの需要は拡大しています。これらは希少金属であるため安定供給は重要な課題であり、これまで以上にリサイクルを活用した資源循環が求められています。当社は、従前の金属製錬技術を活用し、使用済みのリチウムイオン二次電池からの銅・ニッケルの回収と再資源化を操業レベルで開始していましたが、さらなる技術開発を進めた結果、ニッケルおよびコバルトを回収し高純度化することにより、リチウムイオン二次電池正極材の原料として再利用できることを実証しました。加えて世界で初めてとなる独自のリチウム回収技術により、使用済みの二次電池から銅・ニッケル・コバルト・リチウムを再資源化する能力を備えた新リサイクルプロセスを確立しました。
今後も当社はこの取り組みを通じて、“電池から電池” へのリサイクルの実現に取り組んでいきます。

再資源化の流れ

図:再資源化の流れ

前処理=熱処理等による無害化処理および破砕・選別