資源事業

300年以上受け継がれてきた鉱山開発・操業の経験を生かし、商業規模で操業を継続している国内で最大の金鉱山である菱刈鉱山の運営や、世界各地での鉱山の開発・運営に参画するとともに、資源確保に向けて新たな優良鉱山を求め、各国でのプロジェクトを推進しています。

住友金属鉱山の資源事業の強み

強み 1
脈々と受け継がれる
鉱山開発・操業の経験

当社は、別子銅山開坑以来、菱刈鉱山や海外の鉱山での事業を介し、300年以上に渡り受け継いできた鉱山開発に関する豊かな経験を有しています。国内の自社鉱山である菱刈鉱山を鉱山技術者の育成拠点として活用しつつ、海外の出資鉱山にも技術者を派遣して、探鉱・鉱山開発・操業の技術と知識を備えた人材を育成しています。

強み 2
世界トップクラスの
優良鉱山の保有

当社が保有する世界でトップレベルの高品位と豊富な埋蔵量を誇る菱刈鉱山は、高い収益力で長期安定的に経営に貢献しています。長年に渡り構築してきたパートナーとの信頼関係、鉱山の操業に貢献できる選鉱技術など、強固な財務体質が優良鉱山の権益保有を可能にしています。

強み 3
地域社会との共存共栄と
責任ある環境管理

鉱山開発には事業地域におけるSocial Licene to Opreate(社会的操業許可)を得る事が必要不可欠です。当社は創業からの歴史の中で、学校、病院などのインフラ整備を行うことで地域との信頼関係を構築してきました。また別子銅山の操業によって荒廃した森林を大規模な植林によって現在の緑豊かな山林に回復。こうした環境保全活動の精神は各分野の海外拠点にも受け継がれています。

ビジュアルで見る資源事業

写真で、住友金属鉱山の事業・製品をご紹介します。

フォトギャラリー

菱刈鉱山

当社が100%権益を保有する菱刈鉱山は、1985年の操業開始より高品位の金を安定して産出しています。商業規模で操業を継続している国内で最大の金鉱山です。