考え方

当社グループは、資源・製錬・材料の3事業連携を展開しており、これらの製品を継続的に改善し、お客様のニーズに応えた品質の高い製品提供に努めています。

最新の情報は統合報告書2021をご確認ください。

統合報告書

方針

お客様に品質の高い製品を提供するために、品質保証に関する最高責任者である社長が「全社品質方針」を決定し、毎年「全社品質目標」を定めています。これに基づき、各事業部門は「部門ごとの品質目標」を定めて展開し、グループ全体が同じ方向を目指した品質保証活動を行っています。

全社品質方針

品質保証と管理の仕組みを継続的に改善し、お客様に満足いただける品質を提供する

  1. 時代を先取りした品質を追究する
  2. 法とルールを守り、安全と環境に配慮した物づくりをめざす

体制

品質保証に関しては、社長を最高責任者とした上で、品質保証担当役員を定めて推進しています。事業部門単位で品質保証体制を構築・運用するとともに、本社組織として品質保証部が全社を統括管理し、当社グループ全体の横串機能を果たしています。
また、CSR委員会の下部組織である品質分科会において、品質保証を推進する重要な施策の審議のほかに、部門ごとの目標達成状況およびクレーム削減を含む品質管理状況を共有化することで、さらなる品質保証体制の改善につなげています。

取り組み

品質マネジメントシステムの有効性向上

当社グループでは、各事業場で品質マネジメントシステム(QMS)を構築し運用しています。QMSが有効に運用されるために、QMSのあるべき姿をまとめた「SMM品質標準」を基にした活動を実施しています。各事業場は、年度ごとに達成すべきSMM品質標準の目標を定めて改善活動に取り組み、内部品質監査、品質保証部による品質監査などで活動を評価しながら、年度末に品質レベルが目標を達成したかを自己評価します。その結果を基に、次年度の目標を新たに設定して改善活動に取り組むことで、事業場のQMSの有効性を継続的に向上させていきます。
また、2016年度に制定した「SMM品質標準」に、今までの活動で得られた新たな知見や、品質に関する不適切行為を予防する要素を取り込む改訂を2019年度に実施しました。当社グループが求めるQMSのあるべき姿も改善し、お客様に満足いただける品質を提供していきます。

内部品質監査の強化

事業場で実施している内部品質監査を見直し、SMM品質標準を基準として、潜在化している内部の課題を第三者的な視点で見つけ出し、トップに伝達される内部品質監査を実現するための活動を実施しています。また、品質に関わる不適切行為の予防につながる監査とします。そのために、内部品質監査リーダーを育成するための研修を国内各地で開催し、2019年度中に約90名のリーダーを養成しました。今後は各事業場で内部品質監査が有効に実施されていることを確認する活動につなげていきます。

全社品質教育の展開

当社グループ従業員が品質管理に対する幅広い知識や意識を共有し、より良いものづくりに貢献することを目的として、新入社員から管理監督者まであらゆる階層に必要なQMSの管理能力を身に付けられるように、品質教育体系を整備しました。
2019年度は、品質に関する基礎的な知識を幅広い階層が理解し、運用につながるように、全社員を対象としたeラーニング「SMMヒンカク」による教育を実施しました。

製品・サービスに関する情報開示

当社グループで扱っている製品は、そのほとんどが、お客様の製品を製造するための素材、あるいは材料として提供されています。製品を安全や環境面から適切にお取り扱いいただくための情報や、お客様がその最終製品を提供するために必要な情報は、過去および最新の情報や有する知見ならびに必要な調査に基づいて、基本的に契約時に授受される仕様書や、技術打ち合わせ、製品の検査成績表、SDSなどを通じてお客様にお伝えしています。最終製品としてお客様に提供される製品は、安全性・環境対応性なども考慮した入念な製品設計に基づき、十分な試験と製造時の検査を経てお届けします※。以上に用いられる情報は、マネジメントシステムの運用を通して、最新技術・最新法規・顧客要求に基づいて見直され、常に適切なものとしています。

銅・ニッケル・亜鉛のLCA(ライフサイクルアセスメント)については、物質別の協会を通じて調査しています。

お客様とのコミュニケーション

顧客満足度の向上については、起点となる顧客満足度の測定・評価方法を進化させ、課題の正確な把握により実効性のある施策を講じて、満足度の向上を図っていきます。そのためにはお客様との的確かつ十分なコミュニケーションが欠かせません。また、当社グループではステークホルダーを意識した品質の作り込みを通じて、製品の歩留まり向上による省資源化、省エネにも貢献しています。

課題と改善に向けた取り組み

お客様から信頼される品質は、従業員全員が目的および目指す方向性を一致させ、目標達成のための活動に積極的に参加してこそ実現できるものです。そのためには外部、内部のコミュニケーションによって得られた事実に基づく判断と実行が肝要です。これを確実にするためにSMM品質標準を基にした各種活動を通じて、QMSを有効に運用するための取り組みを継続的に実施していきます。

当社グループ製品でラベリングによる開示が求められている情報と当該製品・サービスの割合

開示が求められている情報 当該製品・サービスの割合
製品およびサービスの部品が外注であるかどうか 法による規制、管理対象物質を含むものすべて主要製品(素材・自主材料)は該当なし
内容物に、特に環境または社会に影響を及ぼす恐れのある物質があるかどうか 法による規制、管理対象物質を含むものすべて
製品およびサービスの安全な利用について 法による規制、管理対象物質を含むものすべて
製品の処分に際して、環境または社会への影響があるかどうか 法による規制、管理対象物質を含むものすべて

情報提供の方法

仕様に関する情報提供

お客様が要求する製品仕様は受注仕様書に明記して、お客様への情報提供を行っています。

化学物質に関する情報の提供

製品取り扱い上の安全衛生と化学物質規制への対応に関し、当社グループは製品に含まれる化学物質の情報をSDS(※)などによって提供しています。

その他の対応

当社グループでは各種潤滑剤の販売など一般消費者向けの事業も手がけています。この領域の製品・サービスに関する情報提供は該当する法規にのっとってラベリングや正しいご理解をいただくための広告、ご説明を行っています。

SDS(Safety Data Sheet 安全データシート)
化学品について、化学物質・製品名・供給者・危険有害性・安全上の予防措置・緊急時対応などに関する情報を記載する文書。