概要

その昔の銅山で真吹炉で溶かした鉱石を鋳込む際、滴った溶湯が自然に固り、みるからに風情豊かな造形となることから注目されました。千差万別なそのフォルムは、ある人には仙人の棲む故山を想わせ、ある人には黄金に輝く鍾乳石筍の霊妙さを感じさせて、「金が積もって縁起が良い」ものとして珍重されました。当社の金・銀・銅滴は、その姿を再現することに成功した風情豊かな置物です。

三滴

用途

御贈答用置物

問い合わせ先

金属事業本部 東予工場精銅課 銅滴担当

(受付時間 9:00〜16:00)

TEL: 0897-37-4884 
FAX: 0897-37-4849

E-mail: Douteki_SMM@smm-g.com