環境事業 水処理
ふっ素処理 F-Free

特長

排水中のふっ素除去は、従来は消石灰を過剰に添加し、カルシウムスラッジとして処理するものでした。しかしこれではふっ素として10mg/L程度までしか低減できず、安定的に一律の許容限度(海域以外の公共用水域に対して8mg/L)を満足することはできません。住友金属鉱山エンジニアリング(株)のF-Freeは、従来の消石灰による除去法を一次工程として活かしつつ、二次工程の処理プロセスを付加することにより、安定して5mg/Lを満足することができます。

F-Freeは従来法に比べて以下のメリットを有しています。

  1. 従来のふっ素除去設備を活かすため、新規付加設備はわずかです
  2. 排水中のふっ素濃度が安定して5mg/Lを満足します
  3. 別途処理すべきスラッジ量が飛躍的に低減されます

詳しくは住友金属鉱山エンジニアリング株式会社ホームページをご覧ください。

PAGE TOP
PAGE TOP