取り組み

製錬技術者の育成をめざして「製錬大学」を開講

2017年から毎年「製錬大学」を開講しています。これは、金属系の新入社員を対象とした教育プログラムです。対象者は主に入社2年目の金属系の社員で、配属後、現場で経験を積んだ後に改めてOFF-JTの場で学び、現場のものづくりと理論を紐づけ、課題解決力を身につけることを目的としています。

製錬大学開校式

大学での非鉄金属系の教育では、冶金プロセス学の講義時間が減少し、実際の製錬のものづくりを理論的に学ぶ機会が少なくなっています。また、当社の金属部門でもマテリアル系(旧冶金系)専攻 以外の新入社員が増加し、入社後に専門知識を学ぶ場を設けることが人材育成の課題となっていました。

「製錬大学」は、新居浜研究所の研究員や各工場の課長などが講師となり週2回のペースで開講します。受講者からは「現場によるものづくりとの違いを学び、大きな財産になった」などの声が聞かれ、専門的な知識を習得するとともに製錬技術者としての姿勢を学ぶ貴重な機会となりました。今後も「製錬大学」を継続して開講し、当社が培ってきた技術を受け継ぐ製錬技術者の育成に力を注いでいきます。