材料製品情報

近赤外線吸収材料

概要

近赤外線吸収材料は、可視光線の高い透過率と、近赤外線に対する強力な吸収能力を併せ持つ材料です。例えば窓材に適用することで、太陽光に含まれる近赤外線のエネルギーを効率良くカットし、明るさを保ちながら室内の温度上昇を大幅に抑制できます。
当社が独自で開発した近赤外線吸収材料であるLaB6(六ホウ化ランタン)、CWO®(セシウムドープ酸化タングステン)は、赤外線吸収材料として知られるITO(錫ドープ酸化インジウム)、ATO(アンチモンドープ酸化スズ)と比較して、太陽光線の中で多くのエネルギーを占める800~1,200nm付近の波長の光を選択的により強く吸収することができます。

CWO®は住友金属鉱山の登録商標です。

写真:近赤外線吸収材料