国内拠点

磯浦工場

自動車向け電池材料など
今後の伸長が期待される分野の材料を生産

1987年に高純度金属化合物やレアメタルの生産を目的として発足した磯浦工場は、電池材料を中心に技術革新を続ける自動車分野や精密機器分野などこれからの成長が期待される市場に向けて高性能な素材を供給しています。

磯浦工場で生産される主な製品

水酸化ニッケル

ハイブリッドカーに搭載されるニッケル水素電池の正極材に利用されます。

ニッケル酸リチウム

電気自動車などの小型リチウム二次電池の正極材に利用されます。

ニッケル粉

PCやスマートフォンの内部電極材料に利用されます。

磯浦工場の強み

原料調達から金属製錬、材料生産までをワンストップで

磯浦工場で生産される電池材料・ニッケル粉の原料は、同じ新居浜市内にある ニッケル工場 から供給されます。原料の供給元となる鉱山権益を保有し、金属製錬、機能性材料生産までを一貫してグループ内で担える住友金属鉱山の特長を活かして、安定的かつ高性能な素材の生産を可能にしています。

ビジュアルで見る材料事業

解解説付きのビジュアルで、「材料事業」についてご紹介します。

フォトギャラリー