マネジメントアプローチ

安全・衛生に関するマネジメント

考え方

当社グループは、従業員が安心して働ける安全で快適な職場環境の実現は、従業員と会社の信頼関係向上や従業員のモチベーションアップにつながり、採用および定着率の向上、離職率の低減などにも好影響を及ぼす重要な経営の要素と考えています。

最新の情報は統合報告書2021をご確認ください。

統合報告書

方針

当社グループではCSR方針に「安全を最優先し、快適な職場環境の確保と労働災害ゼロを達成します」を掲げ、これに沿って安全文化の醸成につながる取り組みを進めています。

体制

組織体制

労働安全衛生は社長を最高責任者とし、各部門長などによる指揮・統括のもと、各事業場トップを総括安全衛生管理者として、ラインによる管理体制を構築しています。また、労使により構成される「安全衛生委員会」において、事業場の安全衛生向上に向けた議論を活発に行っています。さらに、安全環境部所管の執行役員が、安全衛生の取り組みについて、各部門と当社グループの各事業場へ助言・指導を行うとともに、部門と事業場に配置された安全衛生担当者が機能的に連携して安全衛生の向上を図っています。

労働安全衛生マネジメント

事業場における不安全状態や不安全行動に起因する災害や疾病を防止するため、ヒエラルキーコントロール※1をベースとする労働安全衛生の対策を進めています。国内では労働安全衛生法に従った安全衛生管理体制を構築し、方針・目標・計画を立て、1年間を単位としてPDCAを回し、各階層の役割に応じてリスクの低減に取り組んでいます。事業場を所管する部門と安全環境部が全事業場を巡視することを通じ内部監査を行っており、厚生労働省のOSHMS※2指針に基づいて活動を進めています。なお、JISHA方式適格OSHMS認定を受けている事業場やISO45001の認証取得(OHSAS18001から移行)済みおよび取得準備中の事業場もあります。
海外事業場では、現地法令をベースとする安全衛生管理体制を構築しており、国内と同レベルの危険予知活動やリスクアセスメント、設備改善などを実施しています。

  • ※1ヒエラルキーコントロール:
    危険源の除去⇒代替⇒工学的対策⇒管理的対策⇒個人用保護具の優先順でリスクを許容範囲まで下げていく考え方(出典:NIOSH(アメリカ国立労働安全衛生研
  • ※2OSHMS:
    「OSHMS」は、Occupational Safety and Health Management Systemの頭文字であり、事業者が労働者の協力のもとに「計画(Plan)- 実施(Do)- 評価(Check)- 改善(Act)」(「PDCAサイクル」といいます)という一連の過程を定めて、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理の仕組み。

取り組み

各サイトの取り組み

播磨事業所における安全の取り組み

播磨事業所では、亜鉛・鉛製錬から硫酸ニッケル・電池材料製造へという大きな変化点の中、2013年7月以降、社員の完全無災害を継続しています。安全活動の柱として、『本音でのコミュニケーションによる活気ある風通しの良い職場造り』『3現主義に基づく重点志向の設備本質安全化』『3Sと表示で風景・意識を変える』を掲げて取り組んできました。安全活動が一方通行とならないように、リスクが高い、やりにくい・やりたくない作業について小グループディスカッションで抽出し、実際の作業を現認した上で、抜本的な設備改善や作業手順の見直しなどを職制と現場が一体となって取り組むようにしています。事業転換前と比べて設備の本質安全化が図れ、危険作業が軽減されてきた一方で、短勤者の増加や無災害継続による危険感受性の低下が懸念されることから、現在は社員一人ひとりの安全意識や危険感受性の向上に向けて、マンネリ化防止を念頭においた安全活動を推進しています。

住友金属鉱山シポレックス(株)における安全元年宣言

シポレックスでは、請負運転手の車両荷台からの転落災害が多発したことから、2019年をシポレックス安全元年とし、社員のみならず「シポレックスに関わる全ての仲間の安全と幸福を守る。」ことを宣言しました。転落防止対策として、落下防止設備を工場内の出荷積込場、荷締め場各所に設置、あおりの水平固定のルール化による足場の確保などに全社を挙げて取り組んでおり、成果を上げつつあります。工場での安全衛生活動では、グループ内で発生した過去の重篤災害を参考に安全化を徹底的に進めています。

荷台からの落下防止設備

また、工場ごとの特徴的な取り組みとして、三重工場では災害の温床となる「守られていない手順・やりにくい作業」を抽出、実効性と安全性の高い手順に改めました。その他の様々な対策についても積極的に取り組み、2020年1月には三重工場、栃木工場の両工場とも2年間完全無災害を達成することができました。衛生面でも、栃木工場では、製品加工時に発生する粉塵対策に集中的に取り組み、三重工場とともに、すべての職場が適切な衛生状態である第1管理区分を達成しました。

全社的な活動

2019年は安全の確保に向け、下記の取り組みを実施しました。

国内

  1. 工場で発生した死亡災害の要因より、墜落やホースの抜け、有害物の噴出などによる重篤災害の防止対策などの総点検実施
  2. 別子地区における作業観察を通じた現場で実施するリスクアセスメントの促進
  3. 部門、別子事業所と安全環境部による巡視などでの指導・支援を通じて事業場取り組みを改善
  4. 安全衛生担当者会議でリスクアセスメントの問題点と対応を討議し取り組みを改善
  5. 事業場の安全ルールを十分に自覚し遵守させる内容に危険体感訓練を変革

海外

  1. 部門の巡視などでの指導を通じて拠点取り組みを改善
  2. 作業観察などによるリスク低減活動や10秒KY活動などの効果的な実施
  3. 毎年15名の日本での危険体感訓練受講を継続

衛生活動

  1. 部門が主導し、事業場とともにニッケルやコバルトの粉塵などによるばく露低減を推進
    (委員会などでの進捗管理強化、改善に加え維持管理の強化など)
  2. 別子事業所や安全環境部などによる現地指導・支援を通じて作業環境の改善を促進