住友金属鉱山 Recruitment site住友金属鉱山 Recruitment site

社員紹介
will
技術系

戸田 健一

金属事業本部事業室
2015年入社 工学研究科機械工学専攻修了

誇り

価値創造の源を
描き、創る。
技術者の「誇り」を胸に。

一気通貫。
設備の醍醐味は、
そこにある。

プラントエンジニアは、万に通じる仕事だ。さまざまな選択肢が存在するからこそ、戸田は、自らが求める理想の環境にこだわった。

「最大のポイントは設備導入プロジェクトを一貫して任されること。プロセス設計、設備設計、工事、保全までをカバーできる環境はなかなかない。大手のプラントメーカーなどでは、設計や購買など役割が細分化されているところもあるくらいですから。」

住友金属鉱山のプラントエンジニアは、装置や工場のレイアウト設計を中心に、プロジェクトを統括するマネジメント役を担うことになる。生産部門のプロセス設計担当が策定したモノづくりの手順から、どのような設備・工場が適切かを検討・設計する。購買担当と連携し、必要な設備を購入する。そして、それをメーカーや工事関係者と協働で導入していく……。その業務はきわめて広範なものだ。

「大規模な設備のすべてを任されるからこそ、生まれる工夫がある。得られる成長がある。部分的な仕事しか経験できなければ、これほどのやりがいは感じられなかったと思います。」

画像01

モノづくりのために――
目的達成に向けて
自分にできることを、泥臭く。

入社以降は数々の「大規模プロジェクト」に携わってきた。世の中を支える革新の材料をつくる。さらなる品質・生産性を実現する。新たな価値創造こそが、戸田のミッションだ。中でも磯浦工場での電池材料工場立ち上げは、印象的なプロジェクトだった。

「このプロジェクトにおいては、当初のプランが覆り、設計を一から見直すことがありました。ですが、それも当然のこと。目的は『よりよいモノづくりを実現すること』だからです。だからこそ、私たちはチーム一丸となり、泥臭く、真摯に、自らのミッションに向き合っていきました。設備ができればいいというものではありませんからね。」

同プロジェクトにおいて、もっとも苦労したのは設備導入時のマネジメントだった。複数の施工業者が一斉に作業を行う現場は、苦労が絶えなかったという。

「全員で地図を見ながら、作業現場の区分けをする。絵に描いて、どう施工するかを伝える。注力したのは、綿密なプランを立て、適切なコミュニケーションを取ることでした。専門分野の技術や知識だけでなく、業務を遂行するスキルが身についたと思います。」

画像02
画像03

大規模な設備を
ぐっと見上げる。
その時、胸が熱くなる。

大規模設備が完成し、無事に運転がスタートした。その時、戸田は安堵のため息と共に、胸が満たされていくのを感じた。体育館2つ分ほどの大きな設備が無事に稼働している。それだけでも壮観なのだが、戸田の心を熱くしたのは、設備のその先にあるものだったという。

「モノづくりを行う仲間に貢献できたこと。そして、ここから生まれた材料が、電気自動車のバッテリーをはじめとした製品になり、世の中の人々に届けられていくことに喜びを感じました。大規模プロジェクトを終えた時は、いつもこんな気持ちになる。私にとって、この仕事は『誇り』なんです。」

しかし、ここで足を止める暇はない。戸田は、すでに次のプロジェクトに参画し、充実した日々を過ごしている。彼がその先に見据えるのは、どのような未来なのか。

「住友金属鉱山では『設備の立ち上げから保全まで』を担当するのが一般的なキャリアです。私の場合は少しイレギュラーで、立ち上げをメインに担当してきました。そのため、今後は設備の保全や改善を経験し、自らの視野を広げたいと思っているんです。設備は使ってナンボのもの。使いながら出てくるトラブルや課題を知ることで、より価値あるものを設計することができるようになると思っています。」

画像04
画像05

学生へメッセージ

住友金属鉱山には、若手でも規模の大きい、やりがいのある仕事をどんどん任される風土があります。「仕事を通して成長したい」という情熱のある方はぜひ門戸を叩いてください。活躍の舞台は国内だけでなく海外もあります。若手の海外勤務者も多く、興味のある方にはおすすめです。Web座談会など社員と話す機会もあると思いますので、ぜひあなたの仕事に対する思いをぶつけて、当社で働くイメージを膨らませてください。

画像05

ある1日のスケジュール

  • 8:00
    出社。メールチェック。1日のスケジュールの再確認。
  • 9:00
    週間業務報告として、先週の進捗と今週の予定を上司に報告。
  • 9:30
    海外メーカーとメールで、発注済みの設備についての設計やり取り。先方が提出した資料に朱書きでコメントをつけて小さな疑問点も逃さないように注意する。
  • 10:00
    新たに発注する設備の仕様についての検討および部内報告資料作成。社内に類似設備があれば現状の仕様と採用経緯についてヒアリングを行う。
  • 12:00
    昼休み。メンバーと食堂で食事。最近はソーシャルディスタンス確保のため、バラバラでとっている。
  • 13:00
    午前中に返せなかったメールやチャットのチェック。
  • 14:00
    プロジェクト週次をWeb会議にて実施。プロジェクト全体の週間進捗と懸念点等についてすり合わせを行う。報告に加えて進行も担当。
  • 15:00
    担当設備の発注仕様について部内報告。
  • 15:30
    工事見積を依頼している施工業者からの工事内容の仕様に関する質問に回答。
  • 17:00
    プロセス担当者から受領したフロー案に基づいてレイアウトや配管設計検討。決定した情報は工事仕様に盛り込む。
  • 18:00
    日中回答できなかったメールやチャットがないか確認。明日の予定の整理等。
  • 18:30
    退社。

休日の過ごし方

画像06

生まれて間もない娘と過ごす時間。それが何よりの喜びです。社宅には、子育ての先輩もたくさんいるので、相談に乗ってもらったり、お古のおもちゃをいただけたりするので、助かっています。こうしたつながりは、山に村をつくって共同生活していたころの名残なのかもしれませんね。